企業の福利厚生になる|自販機で楽々ビジネス|オフィス内に設置も可能
男の人

自販機で楽々ビジネス|オフィス内に設置も可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の福利厚生になる

自動販売機

企業がオフィス内や敷地内に自販機を設置する目的は、そこで働く従業員に対する福利厚生である場合が多いです。企業の負担は電気代程度であって、設置に伴う出費は基本的にありません。利用された商品数によって企業にも販売に伴う対価が入りますが、それが自販機を設置する目的ではありません。電気代を賄える程度の収入があれば十分ですし、場合によっては電気代を賄えなくてもかまいません。メンテナンスは全て自販機を設置するベンダーが行います。故障や各種のトラブルに関して企業に手間が発生することはありません。商品の補充も空き缶などの回収もベンダーが行います。価格設定を外部の自販機やコンビニよりも廉価にすることで従業員の福利厚生になります。

オフィスや企業の敷地などには必ず無駄なスペースがあります。そこに自販機を設置することでスペースを有効利用できるのです。ベンダーからスペース利用の賃料を取ることはできませんが、他に利用できないスペースを活用して従業員の福利厚生になるのですから、企業にとってはメリットがあります。敷地の一部で、例えば公道に面したスペースに設置すれば、一般の通行人なども利用できますので、企業が負担する電気代を十分にカバーできる場合もあります。自販機のベンダーは少しでも効率的に販売することを目的として設置の提案をしますので、外部の人も利用できるスペースを優先する傾向にあります。しかし、企業は自販機で利益を求めるわけではありませんので従業員の利便性の高い場所を選びます。